プロ野球 大谷翔平選手の代理人が決定 | CGと野球と格闘技が好きンゴー

プロ野球 大谷翔平選手の代理人が決定

<img src="大谷翔平" alt="投げている大谷翔平">




プロ野球北海道日本ハムの大谷翔平選手が7日、「向こう(米大リーグ)に行くためにこのタイミングで(移籍交渉を委ねる代理人を)決めた」として、今オフにポスティングシステム(入札制度)を使って大リーグに挑戦する意向を明らかにしました。
大谷選手が米移籍の希望を自らの言葉で話したのは初めてです。

代理人はネズ・バレロ氏



<img src="ネズ・バレロ" alt="大谷翔平の代理人">


アメリカ合衆国の大手エージェンシーの1つである
CAA(クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー)でスポーツ部門の
筆頭代理人を務めてるかたです。
日本人選手では青木宣親外野手・田沢純一投手・斎藤隆氏の代理人も務めました。
マリナーズの元マイナー選手でもあります。



  過去のポスティング制度(2012年まで)

当該選手との契約交渉を希望するMLB球団は、MLBコミッショナーの告知から4業務日以内に交渉権の対価となる金額を非公開で入札。
最高金額を入札した球団に当該選手との30日間の独占交渉権が与えられ、当該選手は移籍先球団を選ぶことができなかった。
MLBコミッショナー事務局やMLB選手会による契約条項の照会は交渉期限後で構わなかったため、基本合意後に付帯条項など契約の細部の調整をすることが可能だった。
交渉権の対価となる入札金に上限はなく、当該選手とMLB球団との契約が成立した場合に全額が一括で支払われる制度となっていた。
交渉期限内に入札したMLB球団との契約合意がなかった場合は入札金は支払われず、翌年の11月1日までポスティングの再申請はできない点は現行制度と同じだが、入札球団がなかった場合はポスティングの再申請が可能だった。

 旧ポスティング制度で選手契約した日本人選手

2000年イチローオリックス・ブルーウェーブシアトル・マリナーズ1312万5000ドル
2001年石井一久ヤクルトスワローズロサンゼルス・ドジャース1126万4055ドル
2002年ラモン・ラミーレス広島東洋カープニューヨーク・ヤンキース30万50ドル
2003年大塚晶文中日ドラゴンズサンディエゴ・パドレス30万ドル
2004年中村紀洋オリックス・バファローズロサンゼルス・ドジャース非公表
2005年森慎二西武ライオンズタンパベイ・デビルレイズ75万ドル
2006年松坂大輔西武ライオンズボストン・レッドソックス5111万1111ドル11セント
岩村明憲東京ヤクルトスワローズタンパベイ・デビルレイズ450万ドル
井川慶阪神タイガースニューヨーク・ヤンキース2600万194ドル
2010年西岡剛千葉ロッテマリーンズミネソタ・ツインズ532万9000ドル
2011年青木宣親東京ヤクルトスワローズミルウォーキー・ブルワーズ250万ドル
ダルビッシュ有北海道日本ハムファイターズテキサス・レンジャーズ5170万3411ドル

 現制度で選手契約をした日本人選手


年度選手日本での所属球団契約球団譲渡金額
2013年田中将大東北楽天ゴールデンイーグルスニューヨーク・ヤンキース2000万ドル
2015年前田健太広島東洋カープロサンゼルス・ドジャース2000万ドル
現制度では2000万ドルが上限となっていますので
大谷選手も2000万ドルが上限になります。


今後どうなるのか


投手としても打者としても二刀流で活躍した大谷選手がポスティング制度でメジャーに行った場合、投手としてなのか打者としてなのか
MLBではアリーグ(アメリカンリーグ)にDH制がありナリーグ(ナショナルリーグ)には
 DH制がありません。
どこの球団になるのかとても気になる部分ではあります。


0 件のコメント :

コメントを投稿